仕事柄、たくさんのコドモたちと日々接しますが、毎週金曜日に手伝いに入っている現場で、小3女子に弄ばれているゆうこですコンバンハ(笑)

手強いです、低学年。無知で怖いものなしというのは。

まぁ、最初は付き合ってやってたんですが、最近は疲れてきたので適当にあしらってます(笑)

というわけで、やっとこドラマ最終回評のラストです!!


コドモ警察
月曜深夜0:20
TBS

★★★★★

某懐かしドラマと、某人気アニメを現代版で実写化したようなドラマでした(笑)

レッドヴィーナスという犯罪組織によって、コドモの姿にさせられてしまった警視庁特殊捜査課のデカ長、マイコ、エナメル、ナベさん、イノさん、ブル、スマートさんの7人+本庁さん。と、そのサポートに入った新人。

全員キャラがしっかりしていて、子どもたちがしっかりと演じていました。かっこよかったです。

特にナベさんはもうナベさんにしか見えないし、唯一大人なのに新人は一番年下にしか見えない(笑)

デカ長の「なにぃ!?」が、意識せずとも毎回笑ってしまうし、大きなサングラスに大きな銃を持って現れるデカ長かっこよすぎ!

本庁さんは美しいフェイスに美しい英語で見とれちゃうし、マイコさんは「家政婦のミタ」のきぃちゃんと同一人物とはとても思えないほど見事なアラサーだし、本当にみんなよく頑張って役作りしたなぁと感心です。

みんなが大きくなる前に続編があると信じているので、それまでは、同じ監督の「勇者ヨシヒコと魔王の城シーズン2」が10月から始まるので、とりあえずはこちらを楽しみたいと思います。




よし!これで春ドラマ最終回評完走!一応ネタバレなしで書きました。

夏ドラマは今のところ、ビューティフルレイン・GTO・トッカン・木10(東野圭吾短編を1話ずつなのでタイトルなし)の4つをとりあえず初回視聴したので、順番に初回評を書いていく予定です☆



スポンサーサイト