カエルの王女さま
木曜22時
フジテレビ

★★★★☆

演出が下手すぎる以外は良かったです。突っ込み所も満載でおもしろかった。

毎週いろんな曲が楽しめたし、天海祐希さんの相変わらずのコメディエンヌぶりが見られただけで満足です。

ただ、やはり演出に無理があったのと、最後まで福原美穂ちゃんの無駄遣いが半端なかったのが本当に残念でなりません。

それから、濱田マリ氏をもっと早くシャンソンズに加入させるべきでした。

最終回の素晴らしいアクロバティックな側転には驚きましたが(笑)、元モダンチョキチョキズ(懐)として、かなりの戦力になったはずです。

サリーこと岸部一徳さんもせっかく出演しているのに、なぜベースを弾かない!!

とか、何かと無駄遣いが多かった。

玉鉄のヘビメタ『ゼルエル』キャラが意外と良かったのと、「藤岡くん」の存在は面白かったです。

いろんな曲が出てくる中で、意外にもオリジナルの「Don't stop the music」が良くて、思わずユーチューブ(番組公式チャンネル)で見たり、ダウンロードまでしちゃったくらいでした。

THE BOOMの「風になりたい」がすごくいい曲だったんだなぁと改めて思ったのも収穫でした。




今日から夏ドラマが始まるので、最終回評を焦って書いてます(笑)

残るは3つ!!頑張ります(笑)



スポンサーサイト