九州地方の皆さん、大丈夫でしょうか?北海道も珍しく大雨が降りましたが、1日で去っていきました。

これ以上被害が拡大しないことを祈るばかりです。

さて、こんな時になんですが、今日の話題はキラキラネームについてです。

某新党の名前について、宇多田ヒカル氏がキラキラネームだとツイートして話題になっているらしいですが、さすがに某新党はネーミングセンス無さすぎて言葉になりません(笑)

しかも思ってもないことを…

さて、話をキラキラネームに戻しましょう。

仕事柄、よく出会います、キラキラネーム。

電話で名前を聞く時が大変(笑)

漢字でどう書くかを聞いても、うまく説明出来ない親が少なくないので、「だったらそんな名前つけるなよ…」と思ってしまうこともしばしば。

そこでいつも思うことが2つあるんです。


子どもの頃はあまり好きじゃなかったけど、「ゆうこ」という普通の名前で本当に良かったな


将来子どもが生まれたら、電話でも説明しやすい名前にしてあげよう

ということです。

名前は生まれて初めての親からのプレゼントとも言うし、愛情がこもっているのはもちろんですが、「大人になる(就職して社会人になって名刺交換とかもするし、病院でも名前を呼ばれる)」「他人から呼ばれる」ということを忘れて、響きと字ずらだけで名前をつけてしまう親が増えたのだと思います。

友人の中には、キラキラに近い名前をつけた人も居ますが、そこまで変じゃないというか、まだ許せる範囲なので、「私の友人はまだまともな方だった」と、ホッとしたりもしました(笑)

子どもの頃は、「子」のつく自分の名前が割と好きではなくて、だんだん減ってきている世代だったので、「子」以外が良かったなーなんて思ってました。

でも今は、「子」のつく自分の名前が結構好きです。「ゆうこ」という普通の名前が結構好きです。

まぁ中には、キラキラではなく、「親が頭いいんだろうなー」と思うような当て字もありますが、ほとんどがキラキラなのが現状ですね。

ペットか!って突っ込みたくなるような名前や、外人か!ってタカトシばりに突っ込みたくなるような名前、もはや当て字でもなんでもない難読名前などなど、さまざまです。

時々普通の名前の子がいると、やたらホッとします(笑)

私は将来もし子どもを生むとしたら、日本人らしい名前、かつ呼びやすい名前、かつ説明しやすい漢字、かつ愛情のこもった名前をつけてあげたい。

女の子なら「子」のつく名前もいいなと思うようになりました。

名前って一生ものじゃないですか。何万回も呼ばれるし、何万回も書くし…だからなるべく簡単な名前がいいなと思うのです。

字画が多いとテストの時に不利なので、字画も少なめとかね、いろいろ考えるのです。










まぁ、ここまで熱く語った割には、まっっっっっっったく予定はありませんがね(笑)

いつになることやら。



スポンサーサイト