木曜21時
テレビ朝日

★★☆☆☆

最終回評でいきなりブログ初登場したという不思議なドラマ(笑)

今の時代にそぐわない題材だなと思ったのと、キャストもあまり注目してる人が居なかったので見ていなかったのですが、同時間帯のパパドルを脱落してから、他に見るものも無いので、最終2話を「ながら見」しました。

最終回は完全にすべてを若村麻由美(字間違ってたらすいません)に持っていかれて、その他の皆さんが喰われている感が否めませんでした。素晴らしい女優さんですね。

現在売り出し中の武井咲ちゃんは間近で見ていてとっても勉強になったと思います。

原作も映画も見ていなくて、ストーリーもなんとなくしか把握していない状態で最終2話しか見ていないので何とも言えませんが、真犯人と警察の終焉がショボかった…

桐谷健太は、やさぐれた刑事役がすごく似合っていて無駄に格好よかったけど、報われないラストで弓坂さん(役名)かわいそうでした。

私が見ていない回までがどんな感じだったのかを知りたくてネットでの評判を見てみましたが、なんだか私が見ていない回までの方が面白くて、最終2話でガラっと変わってショボくなったみたいです(笑)

最後から2番目の回を初めて見て「ちょっと面白い…パパドルじゃなくてこっちを最初から見ておけば良かったかな」と思いましたが、最終回を見たら伏線回収に必死なあまり、設定とかいろんなことが霞んでしまっていた印象を受けたので、「これは最初から毎回見ていたら最終回での幻滅感が大きかったかも」というのが正直な感想です。

でも物語の結末的には、結局遺産がどうなったかが謎のままだった以外はキレイにまとまっていたと思うので、あれはあれでいいんじゃないでしょうか。

と思えるのはきっと最終2話しか見てないからですね。

最終回はとにかく「若村さんの演技に喰われるその他の役者」の図がものすごく印象に残りました。

でもやっぱり今の時代にはそぐわない題材だということは否定できない、そんなドラマでした。



では次回(おそらく)「テンペスト編」でお会いしましょう!



スポンサーサイト