火曜22:55NHK

シーズン4です。

未来のジャーナリストがタイムワープをし、あらゆる時代の名も無き庶民にスポットをあて、アーカイブを作っていくというドキュメンタリータッチの新感覚ドラマ。

要潤がジャーナリスト役、杏がそれをサポートする内勤の人の役、あらゆる時代に登場する人たちはほとんど無名の役者さんばかりという、どこまでもリアリティにこだわっている、高クオリティドラマです。

録画しておいても結局溜まってしまうばかりなので、見れる時だけ見ていますが、大好きな番組です。

今までで印象に残っているのは、新聞の原型である読売の業者のお話と、かつら職人のお話、それから、まだ通信手段が何も無かった頃に、山から山へ手旗で伝えていた人たちのお話。

先週の、女相撲のお話も途中から見ましたが、とても良かったです。

タイムスクープハンター公式サイト
スポンサーサイト