本日2回めの更新。

今日は、夜から映画の試写会…の予定でしたが、あまりに身体が疲れている&あまりにイライラが止まらないため、せっかく当選しましたが行くのをやめました。

もったいないけど仕方がない…

そんな中、Superflyの音楽や映像たちに元気をもらって何とか頑張っていると書いてきましたが、久しぶりに、THEE MICHELLE GUN ELEPHANT(以下ミッシェル)を聴いています。

ROCK。

ミッシェルは、存在はなんとなく知っていたものの、2003年の解散間近にハマりました。

当時は、レコードならば間違いなく擦り切れるくらい聴きまくってました。

チバユウスケ
アベフトシ
ウエノコウジ
クハラカズユキ

未だに、なんで解散しちゃったのか、そしてアベがもうこの世に居ないなんて信じられないけど、久しぶりにアベの超絶なカッティングと、誰も超えられないミッシェルサウンドが聴きたくなって、CDを引っ張り出しました。

やっぱいい。カッコいい。

来年で解散から10年か…

秘かに再結成を期待していたんですが、4人揃わないと意味が無いので、変な話、アベが死んだ時に諦めがつきました。

北海道出身のキューちゃん(クハラカズユキ)は、Superflyの楽曲に参加したことがあって、妙にテンションが上がった記憶があります。

そういえば、だいぶ前の「僕らの音楽」で、Superflyがミッシェルの「ゲットアップルーシー」をカバーしたことがあったなぁ。

あれは、Superflyファンとしては「有り」だったけど、ミッシェルファンとしては「無し」だった…どっちも好きなファンにとっては複雑な心境でした(笑)

いつもSuperflyのサポートをしている八橋義幸氏のギターも好きだけど、やっぱり誰のギターを聴いてもアベは超えられない。

カッコよさの種類は違えど凄いなと思うのはB'zの松本さんと布袋さんくらいかな。

久しぶりに徒然と思うがままに書いてしまった…

ミッシェルで忘れられないのは、かつてMステでタトゥーというロシアのお騒がせ2人組がドタキャンした時に急遽2曲歌ってくれて、セットも無く演出も無く、演奏だけでその場を盛り上げた力量。

これぞROCK!!これぞ本物の音楽!!というのを見せ付けてくれました。

今度ユーチューブで探してみよう。



スポンサーサイト