春ドラマが始まりました!

最近、仕事のストレスに加えて、家にいてもイライラが止まらないので、部屋に引きこもりがちですが、引きこもるのはもともと好きです(笑)

でもイライラは止まらないので、なかなか困りものですが、助けてもらっているのが前回の記事でも書いたSuperflyです。

さて、ドラマの話に入ります。

先陣をきって始まったのはハンチョウ-月曜20時TBS-

これまでの4シリーズでは、神南署の安積班ハンチョウとして力を発揮してきた佐々木蔵之介演じる安積が、辞令によって、警視庁に新設された捜査一課の特捜一係の係長としてやってきて、過去に何かしら問題を抱えていそうな部下たちと、事件を解決していくというストーリー。

うむ。

ずっとハンチョウを見てきた者としては、やっぱりまだ神南署のメンバーが恋しい。

でも今回の部下たちである、小澤征悦、福士誠治、比嘉愛未の3人とも、私の中では好きな俳優さんなので、期待はしています。

ハンチョウは、水戸黄門枠だけあって、水戸黄門的に、割と先の読めるお決まりの展開になりますが、そういう意味では安心して見ていられます(笑)

前クールでは恋愛もののドラマに出ていた蔵之介氏ですが、やっぱりハンチョウの時の方がカッコイイ!!

ハンチョウ公式サイト



その弐
37歳で医者になった僕-火曜22時フジテレビ-

タイトルの通り、37歳で脱サラして医者になった、実在の人物をモデルにした物語です。

主演は、演技には定評のある草なぎくん、草なぎくんの婚約者役にミムラ、病院内関係者役に水川あさみ、田辺誠一、鈴木浩介、八乙女光、斉藤工など、私のツボを見事に押さえているキャスト(笑)

なのに、1話を見逃しました…ショック…

疲れがたたって、22時を待っている間に眠りに落ちてしまい、そのまま朝まで爆睡してしまったのです。

2回め以降は絶対に見ます!

37歳で医者になった僕公式サイト




その参
梅ちゃん先生-月~金8時NHK-

朝ドラです。

近年は、昭和の時代の物語になると脚本の質がとても良く、キャストも安定感のある人の傾向があるし、個人的に、掘北真希ちゃんが演じる田舎娘というかいも娘というか(笑)が好きなので、とても期待していました。

ところが、こちらも疲れがたたったり何だりで、毎日見るのは難しく、また録画してまとめて見るのも難しく、結局は「見れる時だけ見る」というスタイルになっています。

やっぱり堀北真希ちゃんのいも娘っぷりが可愛い♪

これから医者を目指して奮闘する展開になると思いますが、とても楽しみです。

偶然ですがこちらにも、主人公の姉役としてミムラが出ています。個人的に好きな俳優さんなので嬉しいです。

梅ちゃん先生公式サイト

今日はここまで。ではまた!!
スポンサーサイト