近頃、仕事でドッタバタしておりまして、てんやわんやでにっちもさっちもどうにもこうにも、家ではひたすら色んなことをサボっております。

そんな中、1月に始まったドラマが続々と最終回をむかえています。

とりあえず、今日の『恋愛ニート』をもって、私が今クールに見ていたものは全て最終回をむかえました。

今日からドラマ評を書いていきます。

まずは先陣をきって最終回をむかえたこちらから。

●運命の人●
日曜21時TBS

沖縄返還を巡って実際に起こった国家機密漏洩事件に絡み、その当事者である記者と、記者に機密情報を洩らした人物、またその渦中にいる人たちの物語。

私は完全に『沖縄返還』『機密漏洩事件そのもの』に興味があってこのドラマを見たんですが、なんだか製作側が何をメインに描きたいんだかわからない感じの内容で、見るのがかったるくなり、途中で脱落しました。

うまく言えないけど、何か一貫性に欠けていたというか、史実がどうであれ、ちょっと気持ち悪い展開になった上に、どうしても受け入れられない出演者が居たというのも脱落の理由。

偶然、最終回を見ることになったんですが、やっぱり最後まで製作側の意図がわかりませんでした。

せっかくモックンなのに、せっかく豪華キャストなのに、本当に役者の無駄遣い。

脚本が悪いのか、演出が悪いのか、何が悪いのかわからないけど、とにかく私には合わないドラマでした。

奇をてらって気合いが入りすぎて空回っちゃったって感じかな(笑)

せっかく、とんでもなく良い題材だったのに、本当にもったいないドラマでした。

前クールの同じ枠『南極大陸』も同じ種類のもったいなさだったなぁ。

2クール連続で残念だっただけに、次クールの『ATARU』は、脚本が相棒ファンにはお馴染みの櫻井さんということもあるし、映画『レインマン』のような内容だと聞くし、中居くんの真面目な演技が好きな私としては、期待しています。




スポンサーサイト