まずは、眠れぬ夜更かし王子ことかつんさん!!思いがけぬ長文の携帯情報を本当にありがとうございます!!!

まさかこんな詳しく長文でいただけるなんて思ってなかったので、めちゃくちゃ感動してテンションUP中です!

さっそくプリントアウトしてじっくり読んで、それから、時間が出来た時にでもショップに行って実際に持ってみたり話を聞いてこようと思います。

メールフォームの件はすいません…そういうのは相方にまかせっきりで、私はとにかく疎いので、こちらのブログでは対応していないというしょーもない事情です;今度相方にやり方を教えてもらって、出来たら対応させたいと思います(笑)



というわけで、話は変わりまして、冬ドラマの先陣を切って最終回をむかえたドラマがあるので、私なりの感想を書いちゃいます。



■タイトロープの女■
火曜22時
NHK
全6回



小さな町工場の社長の死によって、財産分与で会社を継ぐことになった世間知らずのお嬢様と、会社以外の全ての財産を相続した愛人(から正妻になった女)の物語。

池脇千鶴ちゃん目当てで見ましたが、主人公のお嬢様がまったく感情移入出来ないキャラだったため(笑)、脱落しそうになりながらも、サブキャラが良かったので最後まで見ることが出来ました。

まぁ、途中1回だけ見逃しましたが…

サブキャラが良かったと書きましたが、誰が良かったって、高岡早紀さんがめちゃくちゃ役に合っていて、色っぽくて、素敵でした。

今までは、高岡早紀さんって、正直ちょっと苦手だったんですが、このドラマの彼女はやたら素敵で、高岡さんの次回作も見てみようと思うほどでした。

中間評で書いた小澤征悦氏も素敵で、最近気になる俳優ナンバーワンかもしれません。朝ドラ「さくら」でヒロインの相手役(体育の先生の役だったような…)で知った俳優さんですが、テレビ朝日で昼間に再放送してた「アンタッチャブル」の役もすごく良かったし、存在感があります。

小澤さんいいなーって思い始めたのは「相棒-劇場版Ⅱ-」なんですけどね。すいません、相変わらず相棒バカで(笑)

タイトロープの話に戻りますが、脚本と演出は粗が目立ちました。まぁ6回で収めなきゃいけないので大変だとは思うんですが、なんとか出来たはず。

「町工場の再生」「世間知らずのお嬢様vs愛人」と、題材がおもしろいだけにちょっと残念でした。

でもまぁ、ラストは納得のいくものだったし、高岡さんの魅力に引き込まれたので善しとします!



追伸
日曜21時TBSの「運命の人」、ついに脱落しました。あまりにもかったるくて…

私がこのドラマに求めていた「社会派(機密漏洩事件)」という焦点が「裁判(不倫)」にズレていってしまったため。

あとは完全に主人公(もっくんじゃなくて弓成)がダメ人間すぎて。あとはやっぱり役者の無駄遣いが許せない(笑)

沖縄編までは頑張ろう、沖縄編まで行けばおもしろくなるはず!と自分に言い聞かせていましたがもう限界でした…


スポンサーサイト