改めて、「同期」という存在が居て良かった。

会社の中で、愚痴や不満を吐ける相手が居て本当に良かった。

今、4月から大きく変わる体制に向けて、本当に社員全員が大きな不安の中に居るんです。

中途入社での同期は1人だけだけど、その子は(と言っても年上ですが)今日、部署の異動が決まったらしく、不安で不安で、休日の私のところに電話がきました。

ちょうど今日は「相棒」が無くて暇だったのもあって、30分くらい話しました。

彼女とは入社日が一緒で、研修からずっと2人でやってきたので、会社の中で唯一「仲間」意識の強い人なんです。唯一、2人っきりで飲みに行っても楽しい人というか(笑)

今月、このブログで書いてきた流れの中で、ずっと彼女と話がしたい、不安を共有したい(笑)と思い続けてきたので、今日、電話がきてちょっとスッキリしました。

それでも、ここ約1年は、シフト上、会う日が少なかったので、やっぱり会って話がしたいよね!ってことで、近々、久しぶりに飲みに行くことにしました。

「今後のことは不安でしかないけど、とりあえず飲みに行く日を励みにお互い頑張ろう(><)」

と言って電話をきりました。

ちなみに契約社員については、彼女の中では今は「他にやりたいことも見つけたし、全然考えてなかった」そうで、それよりも何よりも、私が会社に残ることに対して「とにかくそれが良かったー」と連呼してくれたので(笑)、有り難いです。

ただ、納得出来ないままやむなく辞める人も居るし、体調不良で休職する人も居るし、今までは別々だった部署が同じフロアになるなど、かなり動きがあるので、今後、どんな体制になって、どういう方向に向かうのか、そしてそれに従って仕事内容も変わってくるので、しもべに居る私たちは不安で仕方ないのです。

私も同期の彼女も、これからまた覚えることも半端なく多いし、責任も重くなるし、会社を支えていく若手として覚悟をしなければいけない時期にきたんだと思います。

「大きな動き」というよりは「大荒れ」という感じで、まだはっきりと体制が決まったわけでもないので、これからどうなるのーという不安でいっぱいですが、自分の立場を考えて、自分のするべきことをし、言うべきことを言い、しっかりと職務を全うしていかなければ、と、気の引き締まる思い。

とは言えやっぱり不安なものは不安(笑)

こうなったら、2人して、おつぼね目指して2人でいろいろ乗り越えていこう!という勢いです。

とりあえず私は風邪もやっと治ってきたし、あと1ヶ月で今のテナントをきれいさっぱり空っぽにするため、捨てる勇気を持って急ピッチで作業を進めていきます!



スポンサーサイト