というわけで、一転、今の会社に残留する結論に至りました。

ひとつ。転職活動をしていたとはいえ、たまたままだ次が決まったわけではなかった。

ひとつ。石の上にも三年、波風立たないようにソツなくのんびりと仕事をこなしていたと自分では思っていたけど、その結果、上から評価され、信頼されていた。

ひとつ。次の仕事が決まっていたならともかく、一応「昇進」の話なので、断る理由が見つからなかった。

ひとつ。この先この会社(の北海道として)発展性があるかと言えば疑問だが、誰にもわからない未来のことを心配してもしょうがない。

ひとつ。正直、こんなに評価してくれているとは夢にも思っていなかったので、単純に嬉しかった。

ひとつ。それ故、せっかくのこの流れに乗ってみるのも有りだと思った。

ざっとこんな感じです。

今日はお休みなので、先ほど会社に電話をし、「一旦全部をチャラにして再考しました。お話、お受けします」と伝えました。

校が1コ閉鎖するくらいなので、北海道としてこれからきっと大変であろうことはわかった上で、この結論を出しました。

Oさんと一緒なら頑張れる。

Oさんがいずれいなくなったとしても、「Oさんの後がま」という強みもある(笑)

もしかしたら、私が残ることで、会社として発展していくかもしれないよ。と、とある友人に言われたりもしました。

うーむ。どうなりますことか(笑)

なにはともあれ、覚悟を決めて最終的に決断したので、がんばります!!

ではまた☆



スポンサーサイト