今日は成人の日でしたね。

思い出すなぁ。ハタチの自分。若かった…まぁ、長い長い人生というスパンで考えると今も若僧ですが(笑)

成人式って、どうしてもつまらないイメージだったのですが、でも振袖を着る機会もそんなに無いし、懐かしい人たちに会えたりするかもなぁとか、気持ちばかりの記念品でももらって帰ろうとか、そんな気持ちで出席しました。

まぁ案の定つまらなかったのですが、ちょこちょこと懐かしい人に会えたのは良かったかな。

成人式に出席して思ったのは、あれはもはや意味がなく、それならば、各出身小学校なり中学校で、当時の先生にも出席していただいて開催するべき。

知らないおじさん(区長とか)に祝辞をいただいても、正直原稿を読んでいるだけで有難みもないので、思春期時代を見守ってくれた先生に祝辞や激をいただいた方が絶対心に響いて「よし!がんばろう!」っていう気になれるのになぁ。

毎年、一部のアホが逮捕されたりするニュースを見ていると、余計にそう思うんです。

でも私立中だったりすると、この時期に成人式を学校開催するのは大変か…中学受験真っ只中ですから。

うーむ、難しいですね。

とりあえず新成人の皆さん、将来が不安でたまらないと思いますが、今出来ること、今しか出来ないことも沢山あるはずです。がんばってください!



スポンサーサイト