続々と新ドラマが始まっています。個人的に、前クールが比較的「当たり」だったので、今クールはあまり期待出来るものがないような…

とりあえず、1話を見た感想をグダグダと、そして毒舌も交えつつ書いてみます。

◆南極大陸◆
日曜21時TBS

うーむ。脱落したいけど物語だけは見届けたい。という感じ。

まず、申し訳ないけど個人的に主役の方がどうしても好きになれず、CMでも、この方が映るとチャンネル変えてしまうくらいなので、最初は見ないつもりでした。

が、あまりに有名な実話ということと、実は大筋の経緯は知ってるけど映画を見たことがないので、これを機に、映画の2時間では詰め込むことが出来なかったであろう、先人がどのように偉業を遂げたのか、タロジロがどのように生き延びたのかを見てみようと思って、初回を見てみました。

が、やっぱり主役の方の見ていられない演技と、スタッフが同じが故に作り(音楽とか、演出とか)がJINそのまんま(笑)

正直言って、初回は私はつまらなかった。

ただ、はるお役の男の子が可愛い(´∀`)それと、犬たちが格好いい!それと、脇を固める俳優陣が素晴らしい!それと、中島みゆきの主題歌がいい♪

私の中の残念ポイントは以下。

●主役(黒っぽく染めてはいるものの、この時代に茶髪だし…)
●当時の実際の映像または写真も交えて展開してほしい
●脚本が少々荒い
●時代背景も荒い
●音楽(音楽そのものは素敵だけど、あまりにJINと似すぎているのと、はいここ感動するところですよ!感が丸出しでどん引き)
●これでもか!ってぐらい脚色しすぎてクサい(演出が過剰)

私がもともと「熱い(暑苦しい?)系」の映画やドラマが苦手ということもありますが、もっとシンプルに淡々とした感じで作った方が視聴者には伝わってくるのになぁ。と思う私はやっぱりひねくれているかも。

「大作です!」「感動してください!」「泣けます!」「今こそ日本人としての誇りを!」が露骨すぎてどうも…

音楽に関しては、JINの時も確かに「はいここ!」ってこれみよがしに流れてはいたけど、違和感も不快感も無かった。何が違うんだろう…実話とフィクションの違いかなぁ。

全体的に狙いすぎ。そして、JIN+華麗なる一族(見てなかったけど酷似シーンを予告で見た)+プロジェクトXという印象が拭えない。

初回は2時間5分だったんですが、私はとても長く感じました。初回は視聴率も良く、評判も良いみたいですが…

ただ、竹中工務店って凄い企業だったんだと初めて知れたのは良かった!

1話めからもう南極に出発しちゃったので、出発までをもうちょっと丁寧に、関わっている人それぞれの視点から描いてほしかったなぁ。すごい駆け足だった。

なんだかんだで物語自体は気になるし、脇を固める俳優陣の素晴らしさだけでも見る価値はあるし、犬たちの演技も素晴らしいし、途中から面白くなるパターンのドラマもあるので、最後まで見るかもしれませんが、脱落する可能性も大です…

犬たちのラストも辛くて見ていられないかもしれんし(>_<)初回の犬ぞり訓練シーンですら、なかなか走らない犬たちに対する人間のエゴみたいなものを感じてしまって少し辛かったし…

動物愛護家でもないし、ある程度は人間のエゴも仕方ないと昔から思ってはいるけど、思いがけずそのシーンが辛かったので、やっぱり最後までは見れないかも…

うーん。葛藤が続きそうです。





スポンサーサイト