というわけで、まずは春ドラマの感想です。


●幸せになろうよ●
月曜21時フジテレビ

結婚相談所に勤める香取くんと、元彼への見せしめに相談所に登録をしたメイサちゃんの恋の話と、その周りをとりまく物語。

これは、BOSSのメンバーがBOSSの役柄のまま出演したことがきっかけで途中から見ました。

ストーリーや演技は置いといて、結局最後まで見てしまいましたが、正直、脚本が良くないなぁと思います。脚本がしっかりしている「相棒」に見慣れているせいもありますが、これは近年の日本ドラマ界の課題ですね。

黒木メイサちゃんは私の中で、任侠ヘルパーの役が一番よかったです。

●名前をなくした女神●
火曜21時フジテレビ

幼稚園のママ友地獄の話。

これは初回だけ見て脱落しました。私が、ママ友とかイクメンとかそういう言葉自体を受け付けない性格な上、震災直後ということもあって、見ていてとてもしんどかった。

ただ、杏ちゃんが意外といいお芝居をしていたのは良かった。

●グッドライフ●
火曜22時フジテレビ

離婚危機の夫婦の子どもが重い病気になり、妻が出て行ってしまったがために、家庭を顧みなかった夫が献身的に看病をする的なお話。

例の俳優ではありませんが、最近の韓流ごり押しにうんざりしているので、韓国の小説が原作だということでまず「う~ん…」となり、さらにこちらも震災直後で重たい話はしんどくて、初回で脱落しました。

反町さん好きなので最後まで見たかったけど、ダメでした。

韓国は「冬のソナタ」あたりは私も見ていて、ブームになる前は独学で韓国語を勉強していたくらい好きでしたが、昨今のこの流れはいただけないと思っています。韓国が嫌いなわけではなく、あくまで日本のメディアの在り方の話です。例の俳優さんも同じこと言いたかったんだろうけど、事務所辞めさせられて気の毒です。頑張ってほしいです。

●遺留捜査●
水曜21時テレビ朝日

これは「相棒」の後がまってことで見る気満々でしたが、初回で脱落しました。

遺留品から事件の解決の糸口をたどる話ですが、んー、相棒の後だからか、私はちょっとつまらなかった。相棒が好きすぎて(笑)

上川隆也さんも貫地谷しほりちゃんも好きなだけに、残念でした。

●BOSS●
木曜22時フジテレビ

天海祐希さん主演第2作です。警視庁特別犯罪対策室のお話。

前作よりは微妙な部分も多々ありましたが、やはり面白かったです。真面目ありコミカルありで。

事件の解決方法がパターン化してしまって、展開が読めてしまうのが残念でしたが、それすらも、なんというか水戸黄門式で、「きたきたー印籠!」って感じで楽しめました。

釈由美子さん犯人の回と、坂口憲二さん犯人の回が特に良かったです。特に坂口さんのお芝居がものすごく良かった。

ラストは警察内部の陰謀的な、私の好きな展開で、西田敏行さんがすばらしかった。出来れば前作ラストで捕まった「黒い月(○翼の闇組織)」の反町さん再登場があればよかったんですが、別ドラマで主演やってることもあり、名前だけ出てきて、仮釈放中に殺されてしまうという設定でした。残念。悪役のイメージが無かっただけに、革命家というのはいいキャラで、とてもいいお芝居だったのに。





つづく

スポンサーサイト