『アルジャーノンに花束を』風なタイトルにしてみました。

今日の内容は、自分の備忘録でもあります。


木曜日
夜、若干風があるも気にせずチャリで映画の試写会へ。

金曜日
朝、起きた瞬間からずっと喉が痛いが、アメちゃんやうがい以外は放置。

土曜日
というか金曜日の夜中、少し寒気がして、パジャマを半袖半ズボンから長袖長ズボンに着替えるも、寒気が教科書に載ってるグラフのようにきれいに分刻みでみるみるひどくなり、熱もみるみる上昇。

土曜日午前1時半頃
ついに熱が39度を記録。最高39,6度というとんでもない数字をたたきだし、吐き気で喉はカラカラ。水を飲むも吐き気を増し、嘔吐を繰り返す。このあたりの記憶、曖昧。

土曜日朝8時半頃
仕事を休み、いつもお世話になっている病院に電話、救急で診てもらうため、朦朧としつつ何とか自力で父の車に乗る。病院では車椅子。まだ嘔吐したり朦朧としつつも、救急担当医の質問にはちゃんと答えている自分がちょっと笑える(笑)

インフル検査は陰性。血液検査と栄養&吐き気止めの点滴、解熱剤の投与をするも、あまり改善されず…が、抗生剤やら何やらの薬をもらって帰宅。様子見。

疲れ果てる。

日曜日
やっと熱が37度台に下がる。が、今度は激しい咳に襲われる。今までに経験のない、変な乾いた咳を連発。1日中続くも、風邪の延長だろうと思い、放置。昼間は少しだけ安眠。夜、Mラバでガガちゃんを見て元気を出す。

月曜日
やっと普通に歩けるまでに体調は回復。変な咳は続く。息苦しく、しんどい。肺炎か気管支炎か…と疑い始め、携帯でいろいろ調べ、マイコプラズマ肺炎かもと思い始める。徹子の部屋及びスマスマにて、ガガちゃんにまた元気をもらう。

火曜日(今日)
あまりに咳が普通ではないため、仕事を休み、再び病院へ。レントゲンの結果、肺には問題ないため、肺炎ではないと判明。

気管支炎(もしかしたら百日咳かも)との診断を受ける。咳は一向におさまらぬまま、現在に至る。




職場で、子どもにうつされたと言って咳こんでいた人がいたので、出所はそこからだと思われますが、この咳は大変苦しく、体力気力を消耗します。咳のしすぎで筋肉痛になったのは初めてです(笑)

会社に電話したら「すごい声ですね」って言われました。確かに(笑)

結果、いつものお薬に加え、只今計8種類のお薬を飲んでいるという事態。軽く頭混乱(笑)

とにかくはやくこの苦しい咳から解放されれば、私はそれでいいんですが、親にうつらないことだけが望みです。

特に母は肺にもがんが転移してるので、うつってしまったものなら一大事。

祈るばかりです。




スポンサーサイト