今日はきれ~な満月です(*^_^*)札幌は十五夜にふさわしい美しい月です☆

相棒情報によると、月を見ながらお財布を振るといいらしいので、さっそく月の見える部屋でフリフリしてきました(笑)ご利益ありますように☆

ところで私は星空を見るより、月を見上げる癖があります。何故かは分からないけど、多分、月って日によって形を変えたり、雲がかかっておぼろ月になったり、雲から顔を出した時の輝きだったり、青白くなってみたり赤みがかってみたり、大きかったり小さかったり、はっきりくっきりしてる時もあればボヤけてる時もあったりして、本当にいろんな表情があるし、それが儚い感じがして好きなのかも。

よく“太陽のような人”っているでしょ?そういう人、私は好きだけど、そうなりたいとは思わない。私は“月のような人”になりたいなぁと、常々思っています。

暗い道を歩いている人を優しく温かくそっと照らすような、時には冷たい静かな空気で包み込むような、そんなイメージ。それは太陽が無ければ光ることは出来ないのだけど、それも含めて、私は月のような人になりたい。

太陽は眩しすぎるし、なんか激しい感じがして、あまり好きじゃない。暑いしね。

月には不思議なパワーがあって、私はいつも月を見ると心が落ち着いたり、時には涙が出たり、(狼じゃないけど)エネルギーが湧いてきたりします。本当に不思議だけど、本当の話。

お月さま、神秘的で紳士的(ジェントルマンな感じ)で好きです☆


スポンサーサイト