今日、私が募金している「東北魂義援金」の第1弾が、宮城県知事に手渡しされました。

そう、私は震災が起きた直後から、サンドウィッチマンが開設した「東北魂義援金」に募金しようと決めていたのです。

募金先がたくさんある中で、どこに募金するのが(自分にとって)一番信用が出来、確実に被災者へと届くのか。

間違いなくサンドウィッチマンだと思いました。

理由は言うまでもないと思いますが、彼らの中には特別な思いがあり、震災直後からメディアに対してもいろいろ訴えかけていました。

毎月、給料が入ったら、少しでもいいから募金を続けていこう。

こう思った時、一番確実に、そしてきっと思いも届けてくれるのはこの人たちだ。

そう思いました。

で、今日、サンドウィッチマンのお二人のブログで報告があり、彼らの故郷、宮城県知事に直接渡していただけたようです。

しかも、福島県を含む東北だけではなく、被害が小さいとされている茨城県や千葉県にも分配してくれていました。

やっぱり募金先を東北魂義援金にして良かった。

願わくば長野県にも…報道でも長野県は置き去りにされている感が否めないし、実際にどのくらい被害が出ているのか、どういう状況なのか、北海道に住んでいる私には、全国ニュースで流してくれない限り情報が入ってきません。

長野の皆さん、ガンバレ!!

私も僅かずつですが、これからもずっと募金は継続していきます。まだまだ支援が必要です。

直接ボランティアへ出向きたいところですが、そこは体力的経済的に厳しいのでぐっとこらえて、思い続けること、募金し続けることで寄り添いたいと思います。

なみやとしても、とても限られた範囲での支援ではありますが、実行に移させていただきました。そのご報告は改めて【なみやブログ@アメブロ】にてさせていただきます。

とにかく、復興への道のりはまだまだこれからです。始まっばかりの所もあれば、まだ始まってすらいない所もあると思います。

未だライフラインが復旧していない地域もあると、ニュースで見ました。

やっとおさまってきたかと思われた地震活動が、どういうわけか、また増えてきています。

原発問題も、なんだか日に日に情報が錯綜したりして、かなり混沌としています。

すべて、私の知り得る情報はメディアからのもので、私の周りは、それらが他人事のように、至って平和です。

でも、平和な私たちはせめてこの平和を守っていくことが大事なんじゃないか、とも思います。

東日本大震災だけじゃなく、世界の各地で、巨大竜巻や地震で甚大な被害が出ているニュースを見ると、本当に心が傷みます。

私は病気によって「普通」の有り難さを知ったからこそ、強く思います。

一日も早く、被災された皆さんの「日常」が戻るように、協力出来ることは、出来る範囲で最大限にしていきたい。

これからもずっと。




スポンサーサイト