友人
家族
仲間
恋人
同僚

そのどれもに当てはまるようで当てはまらない、たった一人の私の相棒です。唯一近いかな~と思うのは「ソウルメイト」。でもそれもちょっと違う。

彼女とは、仕事で同僚として知り合い、本当に苦楽を共にしてきました。私より6つ年上の、とてもステキな女性です。

何故かシンクロしていることが多くて、テレパシー的なこともよく起こる。何の因果か、出会うべくして出会ったような、神様のいたずらで出会わされたような、そんな気がしてなりません。

双子かってぐらい、本当に通じ合っていて、どっちかが悲しかったらもう一方も悲しくて、どっちかが嬉しいともう一方も嬉しい。実際、よく姉妹に間違われます。

それは「依存」とも違くて、とても言葉では言い表すことの難しい、不思議な関係です。

お互いがそう思える人に出会えて、更にそれに気付くことが出来たことは奇跡だと思っています。

まさに「相思相愛」。

異性だったら間違いなく結婚してるのにね~と、相棒はいつも言っています(笑)

また彼女とは音楽も一緒にやっていて、お互いにこの相手とじゃないとダメであることを自覚し、更には2人での活動を仕事にしようと(同時に)思っているぐらい。

不思議なことに、相棒も私も、今は休憩の時期。演奏は休止中ですが、今は制作期間と捉えて、初めての作品制作をしています。

彼女の存在と、彼女との出会いに感謝です。

幸せです☆



スポンサーサイト