フィギュアスケートの日本選手権、すばらしかったですね。

個人的には、15歳の村上選手を初めて知ったんですが、とてもチャーミングで可愛らしく、他人思いの純粋な人柄、そして大変将来性のあるスケーティングに、すっかりファンになってしまいました。

マスコミはあまり騒がず、次世代を担う選手の一人として大切に育ててほしいと思います。安藤選手や浅田選手の時のように、いたずらに過剰に扱ってほしくないなと切に願います。

そして何より素晴らしかったのは鈴木選手。フリーで転んでいなければ、あわよくば優勝していたかも…と思うほどパーフェクトな滑りでした。会場が一つになっていたのではないでしょうか。フリーは最高のマリアでした。

オリンピックも、もしかするともしかするんじゃないかと私は見ています。

私は中野選手や村主選手の滑りも好きだし、ずっと応援しているので、オリンピックに出られないのは残念ですが、とても素敵な演技でした。特に中野選手の火の鳥は、今季で一番バシバシ伝わってくる滑りでした。

そして男子では高橋選手と織田選手の見事な復活にはちょっと涙、小塚選手の可能性に大いに期待しています。

私は長野オリンピックでフィギュアスケートという競技を初めて見てからフィギュアが好きになりました。

フィギュアがマイナーだったあの頃。家族や友達に話が通じなかった当時が懐かしい(笑)

長野には、まだ高校生の荒川さんと本田くん、確か田村くんも出ていましたが、しばらくは注目もされず、こつこつとフィギュア界を3人が引っ張っていました。

私は特に本田くんの大ファンで、引退してからも彼が解説をしている様子ばかり気になって、その試合の競技の印象があまり残りません。すいません。

長野では、銅メダルだったフランスのキャンデロロ選手の三銃士のストレートラインステップが強烈で、未だに忘れられません。アレを超えられる人は絶対現れません。今日も久しぶりにユーチューブで見ましたが、やっぱり凄い。

スルツカヤ、ミシェルクワン、バトル、プルシェンコ、ヤグディン……彼らが表彰台を総なめにしていた頃が、一番フィギュアが面白かった。

荒川さんが金メダルをとって、本田くんも引退して、高橋選手や織田選手、浅田選手、安藤選手などの若い世代が出てきてから、メディアがフィギュアに注目し始め、過熱報道になってきました。

私が天の邪鬼ということもありますが、好きな選手の引退も手伝って、あまりの偏った報道やエンターテイメント化してしまった試合の中継に、フィギュア熱は冷めています。

昔は、かろうじてNHKで何試合を放送していただけだったのが、全ての試合とエキシビションを民放でも放送される時代が来るなんて…

良くも悪くも、フィギュアは今とても注目され、メディアで取り上げられる機会もファンも(おそらく競技人口も)増えました。

とりあえずはバンクーバーオリンピック、(海外含め)選手の皆さんには、伸び伸びと自分の演技をして、スケートを楽しんでほしいなぁと思う、一ファンの願いでありました。



スポンサーサイト