福田総理の会見の最後は、あれは完全に逆ギレでした。仮にもまだ国のトップともあろう人が、記者に向かって逆ギレはないよー。と、思わず呆れを通り越して笑ってしまいました。

それにしても、いつ退任するのか、なぜ不信任案を誰も出さないのか(これは想像つきますが)と思っていたら…今日か~い(>_<)と、思わずツッコミを入れたくなるタイミングの悪さ。

前総理もひどいタイミングでしたが、なんか一国民としては誠に遺憾。

言いたいことは山ほどあるけど、全部批判になっちゃうのでやめておきます。

おそらく年内には解散総選挙になるのでしょうが、ここまで来たらたぶん投票率も上がって、私たち国民が一人一人を見極める力もさらに重要になってきます。だってマジに生活かかってんだから。みなさん、投票に行きましょうね。白紙でもいいから。

極端な話、ねじれまくって汚れきった日本の政治を救うのは私たち国民なんだと思う。だからと言って急には何かを変えることは出来ないけど、今、日本は「政党vs政党」「国家vs国民」になっちゃってるのを、vsではなく、なんとか協力体制に持っていってほしい。

なんなら国会なんて1度ぶっ壊してしまえばいい。1度民主党に政権とってもらってやってみるとか、より国民(庶民とか消費者として)の目線でいられる女性を総理大臣に任命するとか、何かを大きく変えないと、この国はほんとに腐ってしまいそうな気がします。

なんか偉そうなこと書いてすいません。しかも言葉が汚くてすいません。私自身も何か変えなくちゃ。政治家が出来ないことを、私たちは草の根で何だってやろうと思えば出来る。頭をやわらかくして、何か草の根活動を始めよう。




スポンサーサイト