音楽とは、生きること。

音楽とは、平和。

音楽とは、友情。

音楽とは、愛。

音楽とは、世界。






私と音楽との最初の出逢いは、保育園で先生が弾くオルガンだったそうです。当時3歳。

それから個人の先生(今は亡き、ちょうど60歳離れた素敵な先生)のところへピアノを習いに通い始め、最初はかくれんぼで遊びながら楽しく学ぶ。

小学校と中学校では、ことあるごとに伴奏者になり、合唱コンクールともなると、偉そうに(笑)全体の指導なんかもやっていました。

中学入学と同時に吹奏楽と出逢い、クラリネットを吹き始めます。先生との出逢いも大きくて、なかなか(当時は)上手でした。

高校は音楽科への受験のため、でもクラで食べていくなんて無理という無知で単純すぎる理由で、幸せなことにわざわざ高校の先生が中学まで面談に来ていただいて声楽を薦めてくださいました。

これまた幸いなことに、何回か高校へ出向き、受験のために先生の指導を受けました。

でもなんと私は、クラにのめり込むあまりピアノも伴奏でしか弾いてなくて腕も落ち、声楽は苦手、おまけに音楽科の生徒は吹奏楽部には入れないということが判明したとたん、こともあろうに「音楽で食ってくなんて考えられない。音楽は趣味でやっていこう」と思い、受験を辞め、同じ高校の普通科に入学し、吹奏楽部に入部したのでした。




スポンサーサイト