予告した通り、ケンミンSHOWでの『連続転勤ドラマ・辞令は突然に』の私なりの補足をします。ひとつずついきますよ。

意外とちゃんとした取材をもとに作られていました。

まずドラマの前にやってた海水浴場でテントを張ってキャンプをするというのは、あれは間違いないです。私も子供のころは毎年のようにキャンプ行ってました。なっちは3泊4日って言ってたけど、うちは1泊か2泊でした。わざわざ『キャンプ場』に行ってキャンプするなんて、当時は信じられなかったものです。

ちなみになっちは港町出身なのでけっこう訛ってるし、ドラマの中の上司夫婦も大げさに方言を使ってましたが、札幌ではあまり見かけません。標準です。訛りはもしかしたら少ーしだけあるかもしれませんが。

次に灯油タンク。あれはほぼ100%どの家にもあります。一時、灯油代がえらい値上がりした時なんかは、灯油タンクから灯油が盗まれたり、タンクごと盗まれたりなんて事件がありました。

次に塀。確かに無い家も多いけど、ある家にはちゃんとあります。

わかさいも。あれは是非食べていただきたい。美味しいです。たまに食べなくなります。

ジンギスカン鍋。あれは大体の家にあるわけじゃないし、家の中で食べる時は大体ホットプレートだと思います。

泊まらせたがり、あげたがり、太っ腹でおおらかという気質は確かに納得。箱ごとってゆうのは大げさですが、そういうとこ、あるかも。

地下鉄の車両が広い。これは知りませんでした。以前、東京や近畿地方で地下鉄に乗った時も何も感じなかったけど、実は若干広めに作られてるんですね。ちなみにSAPICA(ICカードみたいなやつ)は私は使ってません。札幌市民にはお馴染みのウィズユーカード(プリペイドカード)がありますから。

時計台。あれは確かにビル群の中にポツンとあります。しかも意外と小さい。でも貫禄はあります。中には素敵なホールがあって、そこでコンサートが開催されたりしています。ちなみに時計台の向かいには、花畑牧場のカフェがあります。

暖房手当。求人広告とかに普通に載ってたりするし、けっこうそれを重視ポイントの1つにしてる人もいると思います。何せ冬は厳しいですから。

みよしのの餃子カレー。私はみよしの自体行ったことありませんが、あそこの餃子は美味しいらしいです。札幌だけのチェーン展開だとは知りませんでした。

ピュアホワイト。あれはマジで天才的に甘くて美味しいです。トウモロコシなのに、ゆでずに生でも食べられちゃいます。もぎたてなんつったらもう…思い出したらよだれが出てきた(笑)

いくら製造網。そもそもいくらが高いので、比較的安い筋子を買って家で作る。そういう感じだとは思いますが、そんな頻繁に食べるものでもないし、筋子もそこそこ高いので、習慣とまでは言いにくいですね。でも確かにあの網でやると、簡単にいくらが出来ちゃいます。

かま栄のかまぼこ。私が何年か行かない間にカフェまで出来ちゃっててビックリでした。あそこは工場も見学出来るし、何より出来たてのかまぼこがめちゃくちゃ美味しい!

続いてお寿司屋さんにて。

ほっけ。確かに大きい。そして美味!

ししゃも。ほんと、本物は全然ちがいますよ。でも普通に子持ちししゃもも食べます。だって美味しいもん。

エビのお寿司。これは驚きました。生エビは全国共通だと思ってましたが、内地的にはボイルエビがスタンダードなんですね。こっちでは、ボイルエビは<おまけ>みたいなもんかな。稀にメニューにあってもほとんど食べませんね。確かに邪道かも。生の方が絶対美味しいし。

さて、美味しいと何回書いたでしょう?笑
それほど北海道のものはでかくて美味しいってことですね。自慢し始めたらキリがありません。

ちなみに、ドラマの中で上司を演じていたのは札幌の俳優さんで、金田一仁志さんという人でした。若干テンション上がりました。

札幌のテレビで長いことテレビショッピングを担当していた人で、小っちゃい頃から見てた人だったので。あの方は本当にいい方なんです。そんなことアピールしてもしょうがないか(笑)

北海道はでっかいどう。そして人が温かいどう。それが改めて他都府県の方にも伝わったんでないかい?一度来てみればいっしょ!と思うyouでした。

今日は休日で、いろいろ用事を足してそれを片付けて、洗濯物をたたんではしまって、家族の晩ご飯作って食べて片付けて、この補足を(好きで勝手に)書いて、なまら(とても)頑張ったのでもうジョッピンかって(鍵かけて)寝ます。おやすみなさい☆


スポンサーサイト