けっこういろいろ考えさせられました。

今日、大家族のドキュメントを見たんですが、あれがもしヤラセではなく、すべて本当の話だとしたらちょっと…

と思うほどツッコミ所満載な内容ではありましたが、それでも、家族というものを改めて考えさせられました。

家族のこととなると、どうしても自分の家族に置き換えたり、理想を追い求めてしまったり、自分以外の家族に求めすぎてしまったり…

人生いろいろ、家族もいろいろ。

だから答えは無いとは思ってます。

個人的には石田さんチの大家族が好きなんですが、家族もののテレビ番組や映画や本を見るたびに、いろいろと考えさせられます。

それぞれの家族のカタチ。家族の在り方。

どの家族にも<いろいろ>はありますが、うちもいろいろあるので、私自身まだ悩みの中に居ますが、今日見たドキュメンタリーの中で、子どもたちが親よりも遥かに大人でしっかりしててたくましかったのが、何だか私としても救われる思いが(少し)しました。

家族って、あらゆる人間関係の中で一番身近だから、一番難しいです。



スポンサーサイト