教習所の思い出 ブログネタ:教習所の思い出 参加中

自動車学校のことを、あまり教習所って言わないですね(笑)

私たちは(札幌だけ?北海道だけ?)、自学(じがく)と呼びます。

自学の思い出はたくさんあるなぁ。

あの頃、なんかすごく頑張ってた。

仕事を辞める決意をしつつ、残りの職務をしっかり全うしようとしてたこと。

家族のために頑張ろうとして、でも伝わらなくて、それでも頑張っていたこと。

仕事を辞めると決意したと同時に行政書士の勉強し始めたこと。←結局いろいろあって途中で行けなくなっちゃってそのまま。

何年かぶりに人を好きになって頑張ったこと。

とにかく、私の人生の中で1番頑張っていた時でした。なんであんなに頑張ってたんだか。

私が通っていたのは10月~2月。仕事があったのでなかなか行けない時期もあって、4ヶ月かかりました。

それでも、すべて1発合格で取得しました。

そんな中でも最も思い出深いのは、真冬の路上運転。注;ここは札幌です。

ツルツルとか、吹雪とかはザラにあったから慣れたけど、1日だけ、それよりもすごい日があって…

なんかもう、雪の降り方と風が普通じゃなくて、行く道行く道わだちだらけでボッコボコだし、視界は悪いしで、スリル満点。

1回車がジャンプした時はもう、指導員と2人で「うぉうっほぅ~!」みたいな感じで、最早楽しんでましたね(笑)

指導員って命がけの仕事だなぁ、偉いなぁって実感した教習でした。

あ~楽しかった。あの日の教習も、通った4ヶ月間すべて。久々に学生気分を味わえたし。

おかげで私、運転がすごく好きで、男並みです。ひとりドライブなんて超至福の時間だし。

特に札幌では、綺麗なことと事故率が一番低いことで有名な自学だったんですが、雰囲気も、担当指導員も、担当じゃない指導員も、学科の指導員も、教習車も、全部好きだったなぁ。

もう1回通いたいぐらい(笑)

マニュアルなんて運転する機会無いけど、限定解除でもしようかな。



スポンサーサイト