最近、人の死のニュースを見る度に信じられなくて、夢なんじゃないかと思いますが、今日は特に。

夕方、生徒たちが「マイケルが死んだ」とか何とか言ってるので、何のことかと思い、よくよく聞いてみると「マイケルジャクソンが死んだ」という話。

テレビを見ずに、日々のニュースを夜にネットでチェックする私は何も知らなかったので、思わず「マイケルジャクソン死んだの!?」と聞いたらば、「知らないんですか!?朝からこのニュースばっかりやってますよ」と言われてしまいました。

なんかこないだから急逝のニュースばっかりで、やるせなくなる。

プロレスの三沢さん。

三沢さんが亡くなった直後に、別の団体のレフェリーの方も亡くなられたというニュースを見た。しかも三沢さんと同い年で。

モデルの純恋さん。

純恋さんは存じ上げていなかったけれど、21歳という若さでの死のニュースにびっくりした。

忌野清志郎も、がんを患っていたとは言え早すぎる死だった。

本当にやるせない。

そしてマイケル。

彼は、現実に存在していたんだろうか。夢の世界で生きていた人のように思う。

うまく言えないけど、最初から最期まで、夢の中で存在していたような人だったように思う。

だから本当に存在していたのか(存在はしていたのだけど)、本当に亡くなったのか、ちょっと信じられない。

突然の死。原因不明。明日解剖するらしいけど。

不謹慎だけど、マイケルらしいと言えばマイケルらしいような気もする。

なんにせよ、早すぎるし、世界のマイケルを失ったわけで、たぶん、ダイアナ妃が亡くなった時以来の「世界が悲しむ」状態。

私は全然ファンじゃないけど、彼の生まれ落ちた星と才能がハンパないことぐらいは分かる。

今日の札幌は美しい三日月。

ささやかながら、ご冥福をお祈りしてから寝ようと思います。


スポンサーサイト