今日、仕事帰りに、懐かしすぎて逆に新鮮な光景を見ました。

セーラー服にルーズソックス。明らかにブリーチな茶髪。もちろんスカートは巻いて上げてる。

そんな2人組。

思わず「おぉぉ!」と一人テンション(微量に)上がってしまいました。

まだ生きてたルーズソックスが!

びっくりしました。

ていうか、履いてるってことは売ってるのね…それにもちょっとびっくらこきました。

懐かしや。

私たちの時ですら既にハイソに移項しつつある時代だったぞ。

ちなみに私は女子校で若干規則が厳しかったので黒タイツでした。しかも校則では、スカートは膝下10cm。

部活のない日の学校帰りに遊びに行く時は、最初はルーズに履き替えたりスカートの丈を短くしてたけど、慣れとは恐ろしい…基、慣れとは素晴らしいもので、2年生ぐらいになると普通に黒タイツで膝ちょい下めな丈のまま、街を闊歩していました。

逆にみんなと違うから、天の邪鬼な私はその方が楽でした(笑)

それに、今思えばやっぱり腰は冷やしちゃいけないしね。

嗚呼、懐かしき女子高生時代。

10年も前の話。

そう考えるとえらい昔のことのようだ…

大人になったなぁ、自分(笑)でも根本の部分で中身は変わってない。人生そんなもんです。

ルーズソックスから始まり、思いがけず熱く語ってしまった…


スポンサーサイト