今日、検査入院している母の診断が出ました。

私も兄2人も仕事で行けなかったので、父と母2人と主治医で。

結果。

子宮頸がんのステージ?-b。つまり一番重いやつ。そして肺への転移も見られる。とのことでした。

覚悟はしていたので、ガーン…っていうショックは無かったけど、めちゃくちゃ母に会いたくなりました。

ただ、会いたくなりました。

ただ、明日も仕事で行けないので、会えるのは明後日になります。

あー。はやく会いたい。

抗がん剤治療をして、その後可能になるようなら放射線治療もしていくそうです。

何度も言いますが覚悟はしていたし、父の胃がんも経験しているし、私自身もベーチェット病でそれなりに苦労もした経験があるので、全然悲観してないし、不安や心配も思ったより軽い。

ただ、母の顔を見るまではなんとなく落ち着かない。

ただ、そばにいたい。

別にいつもみたいにバカ話するだけでもいいから、そばにいたいなって思います。

そばにいてあげたい、じゃなくて、私がそばにいたい。

何かしてあげたいとは不思議と思わなくて、私にとっての母孝行は、元気でいることだと3年前(べ病を発症した時)から思っているので、今はちゃんと元気に仕事をしようと思ってます。

私がベーチェット病を発症した時、同時に父が胃がんで入院しました。

その時、一番辛かったのは間違いなく母でした。仕事をしながら父の病院と私の看病(自宅)。

でもその時、少しだけでしたが、家族の絆を生まれて初めて実感しました。

今回、その母の病気とあって、あの時よりさらに絆が深まりそうな予感。

こうやって、病気は悪いことばっかりじゃないことを思い知らされる。

私が病気になった時も、なんでもないようなことがすごい幸せなんだってことに日々気付かされて、むしろラッキーだったなって思ったものです。

寝返りが打てるとか、正座ができるとか、床に落ちたものが拾えるとか、5cmくらいの段差を跨げるとか、お風呂に入れるとか、食事が出来るとか、家族や友人がいるとか、仕事があるとか…

挙げればキリがないほど、いちいち感謝したものです。

だから悲観的にならずに済んでいるので、ちょっぴり(自分の)病気には感謝もしています。

そんな今日、泣け歌の《母賛歌/Metis》を見て泣きました。今日はより効きましたこの歌は。

私も母賛歌が書けそうです。いつか届くといいな。


スポンサーサイト