今、高校3年生の時の吹奏楽部の定期演奏会のビデオを久しぶりに観ています。たぶん、7年前かな。

下手くそだけど懐かしい…そしてみんな楽しそう☆

当時約60名の部員たち、みんなどうしてるのかな~なんて思いつつ、今は無き札幌市民会館に愛着あったなぁなんて、しみじみしてます。

吹奏楽を中1から始めて6年目の高3の夏、初めて心から楽しもうと思って本当に楽しめた最初で最後の演奏会でした♪

音楽って楽しまなくちゃ意味が無いんだと、改めて実感したあの夏から7年、幸せなことに、仕事の一部として音楽をやらせてもらっていたけど、いつしかそれは「音楽」ではなく「音が苦」になっていました。

何年かかっても、違う形で音楽を仕事にしてみたい。幸い、私には同じ夢を持っている相棒もいる。

相棒と2人で、いつか必ず夢を叶えてみせます。



スポンサーサイト