少し前まで、私には好きな人がいました。てゆうか、愛してた。確かに、愛してた。

私は今まで、自発的に好きになった人とはお付き合いに至らず、いわゆる友達以上恋人未満で終わっていました。

幸福なことに、好きだと言ってくれる人も何人かいたけど、その人のことを本気で愛することは出来ず、要するにloveではなくlikeで終わっていました。

今度は本当に心から愛してた。でも本当にはっきりしない男で、結局は転勤してしまって離ればなれ。私の気持ちも彼から離れてきています。

私が好きになる人は優しすぎて優柔不断な男ばかりだということに気付きました。やっと。いざっていう時には頼れる。でも普段は優柔不断。そういう人。

ちょっと昔に流行った、ダメンズ。

過去を振り帰ると、今まで、心から本当に愛してたなぁと思うのは2人。共通点は、私が、好きで好きで好きだったから、それ以上の関係になるのが怖くて、見返りを求めなかったこと。だから、きっと彼らも心が動かなかった。その証拠に、2人とも私のことを「男とか女とか関係なく、友達の中では1番」と言ってくれていました。それでも良かったけど、それじゃ意味が無かった。

たぶん、今回かなり疲れたので、しばらくは自発的には好きになることはないけど、今度もし、私を好きだと言ってくれる人が現れたら、ちゃんと愛そうと思う今日この頃です。

かなりぶっちゃけましたが、こーいう記事を書くと必ずと言っていいほど来る出会い目的のプチメなどは断固拒否です。

自分の中の気持ちを整理するために活字にして書いただけなので。


スポンサーサイト