私は約25年間生きてきて、大体の人に「しっかりしてるね」って言われ続けて育ってきました。

あくまで本人にとっては普通の振る舞いだから、何がだーって未だに思うけど、若い頃はその言葉はとても嬉しかったものです。

でも今はちがう。

第一印象でしっかりしてると思われちゃうと、ヘマした時とかに与えるダメージが大きい。自分にとってもダメージが大きい。やらなくていい仕事までやってしまったり。仕事が増えたり。他にもいろいろ。

「しっかりしてる人」と思われがちな人は、損をすることも少なくない。私はそれを、社会人になって初めて実感しました。「損してるよね」って言われたこともあります。

でももちろん、そう言われたり思われて嫌な気はしないし、頑張ろうって思えたりもするから、必ずしも悪いことではないんだけど、実際損をすることが分かったので、今回の新しい職場では、あまりしっかりしてると思われないように振る舞ってます。

でも社会人たるもの、しっかりやりたい。という気持ちもあり、でも過去に(しっかりしてるがゆえに)失敗したこともあってトラウマもあり、難しいです。

働けるだけで幸せなことなのに、贅沢な悩みで申し訳ないとは思いつつ、しっかりしてる人にもこういう事実や悩みがあるということも知ってもらいたくて、書きました。

私生活では、自分の中のしっかりした部分を少しずつ封印して、だいぶ楽にはなってきたけど、仕事となるとコントロールきかなくなってどうしてもしっかりしちゃうので、また損をしそうな気がする…

まぁでもしょうがないか。嫌な役回りも宿命かも。そう思うことにして、とりあえず流れに身をまかせてみようっと。



スポンサーサイト