普段見ない番組「解体新ショー」に、私の大好きな本田武史くんが出るというので、見ました。

相変わらず初々しくて可愛らしい。そんな彼もパパなんだよな~と思うとちょっと複雑な気分。

私は1998年の長野五輪を見て、フィギュアスケートが大好きになりました。

今でも忘れられない銅メダルのフィリップキャンデロロ選手(仏)の三闘士の演技。そして本田くんと、今や金メダリストの荒川しーちゃん、もう一人、田村くんというイケメンもいました。

それから本田くんの大ファンになり、プロに転向した今も、変わらず応援し続けています。

ずっと本田くんばかりを見てきたから、最近のアマチュアにはあんまり興味ありません。もちろん、真央ちゃんや信成くん、大ちゃん、米代表の井上選手ペアなど、日本人選手は応援してますが、昔みたいに外国人選手の演技は見なくなりました。

プルシェンコ、クワン、キャンデロロ、ヤグディン、バトル、ロシアの女子選手(背が低くてぽちゃっとしたママさん→名前ど忘れ)など、あの時代が好きでした。私にとっては黄金期。

しかも、最近のスポーツ中継やスポーツニュースでは、フィギュアに限らず、男女で片寄った報道をされたり、あまりにも過剰なエンターテイメント化のため、見なくなったというのもあります。

フィギュアは昔から女子に片寄っていた(本田くんの出番を一生懸命探した)し、バレーボールも女子ばっかりだし、ゴルフは、藍ちゃんやさくらちゃんの時は女子、遼くんが出てきたら男子に片寄る。とか、そんな感じ。

実際、フィギュアの場合、女子は2時間とかかけてゴールデンタイムで放送するけど、男子は大体1時間あるかないかぐらいで、夕方5時とかにヒッソリ放送されてます。ペアやアイスダンスに至っては、最近ではほとんど結果だけという扱い。

未だに本田くんが出るものは必ずチェックするし、本田くんの出るショーが札幌に来たら必ず見に行く私だけど、フィギュア自体にはあまり興味が無くなってしまいそう。

スポーツ観戦は大好きだけど、近頃のテレビ中継は見る気の失せる私なのです。

それにしても

あ~、またキャンデロロが見たい…と、常に思ってます(笑)長野五輪以前のことは全く知らないんだけど、今や規定に含まれているストレートラインのステップを作り出したのは彼じゃないかと思ってます。



スポンサーサイト