★★★☆☆

期待しすぎたなー。

面白くないわけではないけど、なんか全てが肩透かしでした。

せっかく素晴らしいキャストと素晴らしい題材だったのに、脚本や演出が残念で、ラストも中途半端。

毎話、大変興味深い症例ばかりだったのに、掘り下げが足りないし、トップナイフがトップナイフたる凄みやその背景も全く取り上げられず、本当に残念でした。

福士誠司くんががっつり見れたのが嬉しかったのと、彼のキャラクターが癒しとなっていたので、そこは良かった。

深山先生と黒岩先生の親子問題も、せっかくスーパードクターたちの闇の部分だったのに、凄く中途半端。

続編あっても見るかどうか迷う感じ。

大事なことだから2回書きますが、決して面白くないわけではないんです。

惜しいドラマでした。

スポンサーサイト