待ってました。

小泉孝太郎主演の、病院再建のドラマ。

実在する「相澤病院」がモデルとなり、破綻寸前の病院を建て直していく物語です。

これは小泉孝太郎のような爽やかな俳優じゃないと、初回は嫌悪感しかなかった気がする。

私がこの病院のスタッフなら、このスピード感で、部外者にいきなりいろいろ変えられたら、もちろん反発していたと思います。

やってることも言ってることも正しい。

でもだからこそスタッフは置いてけぼりくらいますよ。

どこまでが史実で、どこまでが脚色かわからないけど、スタッフの立場で見れば反発心がわくし、本当にただの視聴者としてみれば、スカッとする。

結末を知ってるから安心して見れるし、小泉孝太郎だから見ていられるけど、初回の(義理も人情もなく)ズバズバ切っていく演出は、さすがにちょっと引きました。

必要なことだとはわかってるんだけどね。

あとは高嶋政伸が久しぶりに普通の穏やかな銀行マンの役で、なんだか新鮮。笑

他にも、キャストがいいです。

光石研、山崎銀之丞、片桐仁、小西真奈美、浅田美代、など。

医療ものが乱立しすぎな今クールで、病気や医者に焦点を当てるのではなく、病院再建を題材にするところがテレ東らしくて好き。

去年やっていた反町隆史のドラマもそうですが、企業再生や病院再建など、キャスティングや脚本も安心できるし、テレ東は強いですね。

スポンサーサイト