いやー終わりましたね。

南アフリカ、優勝おめでとうございます!

準々決勝で日本が南アフリカに負けたので、日本人は南アフリカに優勝してほしいと思っていたと思います。

正直、今回このW杯の中で、またはドラマ「ノーサイドゲーム」で、ルールを初めて知りました。

それまでは一つもルールを知らなかった。

そういう人、多いんじゃないかな。

一番衝撃だったのは、ボールを前に投げちゃいけないこと。

身体は前に進みながら、後ろにボールを投げることを知った時は衝撃でした。

アジアで初めてのW杯開催、しかもラグビーがマイナースポーツである日本で開催ということで、かなりのチャレンジだったと何かで見ました。

関係者の皆さんは、想像を絶する努力や準備をしてきたと思います。

選手やコーチ、チームスタッフの皆さんも、ラグビーの普及に相当尽力し、そして強くならなければいけない、子どもたちの模範とならなければいけないという重圧と戦ってきたと思います。

超にわかだけど、ベスト8は本当に凄い。

そして忘れちゃいけないのは、W杯の放映権を持たないのに、TBSが「ノーサイドゲーム」を制作し、ラグビーを魅せたこと。

ノーサイドゲームでW杯に興味を持った私みたいな日本人は多いと思います。

この成功は後世に語り継がれますね。

決勝戦で脳しんとうを起こしたイングランドの選手がいましたが、数分間、倒れたまま全然動かなかったので、やっぱり怖いスポーツだな、と思いました。

でも、各国代表に人種は関係なく、仲間やコーチの信頼が厚く、客席は敵味方関係なく、試合が終われば選手もファンも国も関係なく皆称え合う、こんなにフェアでスポーツマンシップ溢れる競技は他にないな、とも思いました。

台風で中止になった試合もあったし、どこかの国の選手が訪れたお店で暴れて告訴されたという事件もありました。

でも、マスコットキッズが、担当する国の国歌を覚えて歌ったり、ビクトリーロードをみんなで歌ったり、各国の選手が試合後にスタンドにお辞儀したり、子どもたちがハカでお出迎えしたり、日本の盛り上がりやおもてなしに対して、「素晴らしい大会だった」と世界のいろんな人が言ってくれたり、チケット売上が99%と過去最高の数字を叩き出したり、日本戦じゃないのにスタジアムが満員だったり、他にもたくさん、素晴らしい出来事がありました。

こんなにも盛り上がった日本でのW杯。

選手含め、関係者の皆さんに本当に頭が上がらないし、感謝します。

ホスト国として、最高の結果を残したのではないでしょうか。

そして4年に1回だけ盛り上がるのではなく、この勢いのまま、トップリーグ(これも今回初めて知りました)がプロ野球やJリーグのように、メジャーなものになるといいですね。

侍JAPAN率いる我らが稲葉監督もラグビーから刺激を受けて、ラグビーから学んで、国歌をちゃんと国旗に向かって歌おうと提案したそうだし、他のプロ競技の選手たち、そして子どもたちも、ラグビーから学んだことは多かったんじゃないかな。

また日本でW杯を開催すべく招致すると協会が言っているし、国民もそれを望んでいます。

これからのラグビーの発展が楽しみです。

最後に。

私的今年の流行語大賞は、「ノーサイド」でも「Oneteam」でも「にわかファン」でも「オフロードパス」でも「ジャッカル」でもなく、「スコットランドをボコりたい」です。笑

スポンサーサイト