★★★★★

私的パーフェクト作品でした。

キャストもいいし、脚本、演出、音楽、すべてバランスがよく、ドラマとして面白かった。

当事者がどう思うかはわからないので、あくまでノンケの私の感想です。

綺麗事も多かったけど、それだけではなく、すべての人がマイノリティを受け入れられるわけじゃないことをちゃんと描いていたのが、一番良かったかな。

たぶん、民放だったら、最後にはすべての人がマイノリティを受け入れてハッピーエンドだったと思う。でもそれは違う。

純くんの葛藤が凄くリアルで、それを金子大地くんが繊細に丁寧に演じていて、また、三浦さんの明るいキャラクターを藤野涼子ちゃんが押し付けがましくなく演じていて、ナイスカップルだった。

個人的には、キャラクターの個性も相まって、亮平くんが好きだなぁ。亮平くん役の小越勇輝くん、もっとドラマとか映画とか出て欲しいなぁ。

三浦さんが壇上で絶叫するシーンからラストまでの展開はなかなかカオスで、その辺は漫画だなぁって感じだったけど、それぞれがそれぞれの一歩を踏み出したラストだったから、それは良かったかな。

他のドラマでは、マイノリティを普通に受け入れる優しい世界が繰り広げられるものが多くなってきたけど、それでもやっぱり受け入れられない人もいるし、当事者の中でも、そっとしておいてほしい人だっている。

そういうことを割とちゃんと描いていたように思う。

深夜じゃなくて21時とか22時台に放映して、もっといろんな層の人に見てもらえたら良かったんじゃないかな。

スポンサーサイト