平成が終わり、令和が始まりました。

正直、「平成最後の~」は聞き飽きたし、ここ数週間のメディアのしつこさにはうんざりしていたし、令和が来たからって、突然何かが変わるわけではなく、ただ生活が続くだけです。

それでも、昭和から平成になった時のような自粛ムードもなく、こうしてお祭りとして明るく新時代を迎えられることは嬉しい。

それに、上皇と上皇后のこれまでの功績や、お人柄を振り返る番組等を見てると自然と涙が出てくるし、退位の儀式を見ても涙が出ました。

どうかこれからはゆっくり穏やかに、お2人で余生をお健やかにお過ごしいただきたいと願わずにはいられません。

教科書で習ったり、ドキュメンタリーで見る以外の過去のことはよく知らないけど、こんなにも国民を思い、温かく、国民と共にあられた天皇はいなかった。

特に皇室に思い入れがあるわけでもないし、ましてや右と左がどっちがどっちかすらよく知らないし(無知ですいません)、難しいことはわからないけど、象徴天皇として30年間、お2人が国民にどう向き合われてこられたのかをずっと見ていたので、日本人として、感謝の気持ちでいっぱいです。

亡くなった母も、難しいことはよくわからなかったと思うけど、美智子様が大好きだったからか、どことなく顔や雰囲気が美智子様に似ていて、よく皇室アルバムなど一緒に見ていたし、私の兄弟構成も「男男女」の3兄妹という共通点もあり、私は恐れ多くも清子様に勝手に親近感を抱いていました。

新天皇皇后両陛下となられた浩宮様と雅子様。

様々な意見はあるでしょう。

個人的な意見としては、やっと雅子様のご活躍の時が来た!と思います。

お妃候補としてマスコミに追いかけ回られた頃から今日まで、お辛い時期が続いたと思いますが、これからは雅子様のキャリアやスキル、お人柄を存分に活かし、新しい皇后陛下像を作っていっていただきたい。

とは言え、決してご無理なさらないことが大前提で、圧力などに屈せず、雅子様のペースでご公務に当たられてほしいと、切に願います。

陛下は、「全力でお守りします」とのプロポーズの言葉通り、長い年月、雅子様や愛子様を守ってこられました。

家族を守れる人って世界最強だと思うし、こんなカッコいい人、他にいないと思う。

家族を全力で守ってこられた陛下だから、上皇とはまた違った、新しい天皇として、ご立派に務められると思っています。

聡明で、器が大きく、嘘がなくご誠実で、ブレることなく芯が一本強く通っていて、素直で、気配りやユーモアも素晴らしい。

そんな新天皇陛下。

課題はたくさんあれど、このお2人なら、確固たる信念のもと、国民と一緒に歩んでくださると確信しています。

平成の30年は本当に混沌とした時代でした。

事件や事故、災害の30年だった。

でも、戦争が無かった平和な時代として、誇れる時代でもあった。

もしかしたら令和はもっと混沌とするかもしれないけど、それでも、せっかく新しい時代が始まるのだから、少しでも明るい出来事があるよう願っているし、安寧であって、平和な時代が続きますように。

儀式に臨まれた天皇皇后両陛下は、気高く、でも気取らず、気品に満ちていて、堂々としていて、キラキラ輝いて、本当にカッコいい。

素晴らしき上皇后および天皇皇后両陛下と同じ時代を生きていることが本当に喜ばしく、噛み締めているこの数日間です。

せっかく東京に住んでいるから、一般参賀とか行ってみたいなぁ。

でも人混みで気持ち悪くなっちゃうから難しいなぁ。笑

スポンサーサイト