私は事前に知っていたので、早めに手続きが出来たけど、制度そのものを知らないと損するよって話です。

●傷病手当●
ケガや病気のため長期で会社を休んだ際、条件を満たせば、会社で加入している保険から、お給料の約6割程度の手当がもらえます。

●高額医療費制度●
入院ともなると、高額な費用がかかります。ひと月に支払う金額が、この制度の定める金額を上回った場合、限度額認定証を申請すれば、上限額が決められ、その金額以上のものを支払う必要がなくなる、或いは上限額以上を支払った場合、還付されます。
予め決まっている入院なら、先に申請しておくとよいでしょう。緊急の入院の場合も、制度を知っておけばすぐに申請して、支払金額を減らすことができます。
もちろん収入などの条件があります。

●医療券●
世の中には様々な医療券が存在します。
私も、特定疾患の医療費助成の医療券を持っています。
もし、その医療券が適用されない病気なら仕方ないですが、少しでも関連があれば、医療券が適用になります。使わない手はないです。
医療券をお持ちの方は、使えるかどうかを必ず確認しましょう。

また、入院費の支払いについてや、診断書が必要な場合等、金額やかかる日数など、なるべく早めに確認しましょう。

確認するのが遅くなると、ご自身やご家族の不安も拭えないし、手続きもどんどん遅れてしまいます。

スポンサーサイト