2年前に放送された、やすらぎの郷の続編です。

続編でもあり、スピンオフ的な感じでもあります。

主人公の菊村先生が書いた脚本のドラマが、1年かけて放送されます。

まだ導入部分なので、ドラマを制作する過程が描かれていますが、これがまた興味深い。

なかなかドラマが制作される背景とか、その作業そのものって視聴者にはわからないので、裏側を見ているようでおもしろい。

実際、倉本先生がこれを書いているわけで、「もっとちゃんとドラマ作れよ」って、今の人たちに訴えてるようにしか思えない。

伝わるといいなぁ。

やすらぎの郷の時も、同クールで放送されていたどの作品よりも面白かったもんなぁ。

やっぱり脚本の緻密さとか、演者の思いとか、大事だなぁ。

1年あるので、ちゃんと全話見れるかわからないけど、「見たい」作品です。

スポンサーサイト