1997年に放送された、月9ドラマです。

安室ちゃんのCAN YOU CELEBRATE?が主題歌ということでも話題になりました。

私、このドラマがとにかく大好きで、当時中学生だったと思うんですが、未だに最終回を録画したビデオが実家にあります。

再放送も毎回必ず見てました。

今回、配信サービスで全話配信されていたので、一気見しました。

やっぱり大好き。

反町隆史が演技下手なのにカッコいいし、和久井映見は可愛い上に泣きの演技がうまくて、つられて泣いちゃうし、武田鉄矢お父さんも素敵だし、みちおばちゃんみたいなおばちゃんになりたい。

逃げ恥に「運命の人なんていない。運命の人に「する」の」という主人公のお母さんのセリフがあったけど、まさにこの2人は、お互いを運命の人にしたって感じ。

そして、当時は得なかった親的感情や、薫さんに対して「安心して帰る場所ができてよかったね」感や、大人になって多角的に見ることが出来たことで、より大好きなドラマになりました。

やっぱりこの頃の脚本は面白いんですよね。

今みたいに、原作物ばっかりじゃないから、脚本家をはじめ製作陣がしっかり考えていたんだと思う。

バージンロードにしても、ちゃんとバランスよくいろんなことが起こって、登場人物たちの心情や、2人が惹かれあっていく様子がちゃんと丁寧に描かれている。

今はもう考える力を失っていて、この頃のドラマみたいなワクワク感やドキドキ感がないもんなぁ。

もっともっとオリジナルのドラマが見たい。

とりあえず反町隆史はなぜこんなにカッコいいのか…

スポンサーサイト