あれから8年が経ちました。

8年も経ったんだ…

というのが正直な感想。

あの日、自分がどこで何をしていたか答えられない日本人はいない説というのがあります。

当時すでに大人だった人たちは、全員が、自分がどこで何をしていたか、はっきり答えられると。

これってとんでもないことだと思います。

それほどまでに大きな出来事だったし、日本人の心に大きな傷を残した東日本大震災。

年々、当日なのに報道が少なくなってきている気がする。

まだ報道を減らすには早いと思います。

東日本大震災は、まだまだ現在進行形です。

8年も経ったけど、まだ2000人以上の行方不明者がいて、仮設住宅で暮らす人もたくさんいて、福島に帰れない人は万単位です。

そういう、数は報道されるけど、今の被災地、今の被災者、今の原発の現状は詳しく伝えてはくれていない印象。

決して忘れることはできないけど、やっぱり普段は忘れていたりするし、報道を通して1年に1回でも、部外者が現状を知ることは大事だと思う。

3.11は、日本人にとって特別な日。

南海トラフとか、首都直下型とか、今後、また大きな地震が起こると言われています。

あの日の教訓を必ず活かして、被害を最小限にしたいですよね。

私も北海道にいた時は何もしなかったけど、東京に出てきてから、備えをするようになりました。

備えあれば憂いなし。

安心感が違います。

みなさんも是非、備えましょう。

話があちこち飛びましたが、8年経った今日、思うがままに書きました。

ではまた!

スポンサーサイト