はい。

こないだ年が明けたと思ったら、あっという間に2月になってしまいました。

というわけで、冬ドラマ中間評(曜日順)です。

●いだてん●
まだまだ序盤だが、面白く見ている。
実際の金栗四三がどうだったかは別として、勘九郎さん演じる四三がアホの子っぽくて純朴で可愛げがある。
志ん生パートいる?とは思うが、それ以外は、脇を固めるキャストも、脚本も、テンポも、私的にはパーフェクトに近い。

●グッドワイフ●
こちらもキャストがパーフェクト。脚本としては少し弱いかなぁ。
でも後半にドドドっと動くこと間違いなしなので、真相がどうなのか、誰がどう絡んでいるのか、楽しみです。

●3年A組●
毎話、ラストの説教シーンに引き込まれる。
菅田将暉の演技は「演技してます!」感はあるが、巧いし、生徒たちが迫力に引きずられてガチ泣きしてたり、ガチの怯えた表情をしていたりするのが凄い。
サイコパスだけど、サイコパスだから、時折見せる優しい表情にキュンとくる。
まだ二転三転あるだろうから、オチが見えなくておもしろい。
中間評では今クール断トツ。

●初めて恋をした日に読む話●
突っ込みどころだらけではあるが、職場の後輩(20代後半)はゆりゆりにキュンキュンしてるらしくて、それを見るのが楽しい(笑)
私は、ゆりゆりにキュンキュンするほど若くないので、まさしがんばれー!って応援する気持ちだったり、山下先生から溢れ出る色気にドキッとしたりしている。
基本的にいとこは無いわーって思うけど、あまりにまさしが可哀想なので、まさしがんばれ!

●家売るオンナの逆襲●
もう完全にコメディ。でも、最後には核心を突いてきたりして、目が離せないドラマ。
ケンジとサトシのBL展開もなかなか面白かったが、これからマンチッチとドジスケ(と課長)がどう展開していくのかもドキドキするし、毎話、どんな核心を突いていくのかも見所。

●スキャンダル弁護士●
最初は、弁護士設定の意味ある?って思ったけど、だんだん弁護士っぽくなってきた。
が、もはや前半どんな事件があってどう解決したか忘れてるくらい、ストーリーが弱い。
キャラクター設定とか会話劇は面白いのになー。もったいない。

●私のおじさん●
脱落しそう。
城田優の美しさに見惚れるくらいで、せっかくの妖精おじさんの設定が活かされているとも思えないし、ストーリーも面白いかと言われればうーんって感じだし、エンケンさんの無駄遣いのような気がする。
田辺誠一は好きだけど、3年A組と掛け持ちで、掛け持ち反対派の私としてはちょっとなぁ。

●フルーツ宅配便●
本当に松尾スズキが怖い。ハマり役すぎて怖い。
オープニングとエンディングは凄く癒される。
事務所のわちゃわちゃ感が和む。
なんだかんだみんな一生懸命生きてて、私も頑張ろうと思える。

●面白南極料理人●
おもしろい。
おじさんたちが仲良しなのが和むし、ご飯が美味しそうだし、閉鎖された空間で狂っていく様子が重々しくなく軽いタッチで描かれているので、笑える。




仕事のこととか、兄の結婚式のこととか、いろいろ考えなくちゃいけないことがあって頭が忙しい今日この頃だけど、ドラマたちで癒されてます。

ではまた!
スポンサーサイト