2020年12月31日をもって活動休止。

びっくりしましたね。

去年、ドームツアーの追加公演が発表された時にネットでこの噂を目にすることがあったけど、どうせガセだろうと思ってた。

SMAPの解散ですら、特にファンではなかった私でもまだ心の整理がついていないのに。

嵐も特にファンっていうわけではないけど、VS嵐とか、嵐にしやがれとかは見るし、メンバーが同い年ということもあって、ド世代で、SMAP同様、生活の中に自然と存在している国民的アイドルで、メンバー同士も仲良しだし、こういうことは無いと思ってました。

それだけに、第一報をみた時はショックでした。

活動休止までまだあと約2年あるので、私たちも、嵐のメンバー自身も、スタッフの皆さんも、ゆっくり心の準備ができたらいいな。

SMAPの時みたいに(真実はどうかわからないけど)メンバー内で分裂したわけでも、仲が悪いわけでも、誰かが不祥事を起こしたわけでもなく、きっと、嵐としてではなく、これからの一人の人としての人生を考えた上での大野くんの思いだったんだと思う。

どこかで、嵐としての自分に違和感が出てきたのかもしれない。20年もの長い間、ずっとトップで走り続けてきて、もう十分やった感もあるだろう。40歳を前に、これからの人生も考えただろう。

ショックだし、活動休止してほしくないと思う反面、ここまで走り続けてきて上り詰めたのだから、何にも縛られず本当にゆっくりしてほしいという気持ちと、残る4人のメンバーも個々に実力のある人たちだから、それぞれ今まで通り活躍してほしいという気持ちと、それでもやっぱり、あくまで解散じゃないのならば、いつかまた嵐として5人で活動する日が来てほしいと思う。

もし、活動休止の先に解散となってしまったとしても、それは彼らの人生だし、ちゃんと「○(マル)」で終われるのなら良いと思う。

できれば解散はしてほしくないけど……

でも、会見では体型を維持するとは言っていたし、櫻井くんも「嵐復活はある」と言ってはくれたものの、最初に発表された大野くんのコメントを見ていると、事実上の解散なんだよなぁ。

メンバー全員、嵐のことが大好きなのは普段からテレビ画面から伝わってくるし、全員、プロ意識も高い。

会見を見ていて、また、NEWS ZEROでの櫻井くんの言葉を聞いていて、はたまた発表後初のパフォーマンスとなったMステを見ていて、なんて清々しく爽やかで、そしてなんて賢く誠実で、なんてバランスのとれた素敵なグループなんだ、この人たちは。と思いました。

まさに「バラバラで一緒」

ZEROの有働さんも言っていたけど、こんなに前向きな活動休止って今までなかったように思う。

あとの2年で心の準備を、と先述したけど、あの会見で既にもうだいぶ腑に落ちたし、応援したくなったし、なんなら新しくファンになった人もいるんじゃなかろうか。

だからって、ライブに行きたいという理由だけで新しくファンクラブに入るのは個人的にはどうかと思う。

今回の追加公演は、あくまで今までもファンクラブに入ってたけどライブに行けなかった人たちのために嵐が用意したものだから。

最後だから1回は見たいって、たしかに私も思う。でもそれは違う気がする。これは安室ちゃんの時も思った。

あくまで個人的な考えです。

話は戻って、発表されてから会見を見るまで抱いていた、ショックだったり不安だったり疑問だったり、そういうことは、会見とかZEROとかMステを見て、スーッと消化できた。

5人の丁寧で聡明な決断と言葉と対応が本当に素晴らしいから。

5-1=0

日テレの青木アナだったかな?こういう表現をしていて、それが嵐の形であり答えだったんだな。

もちろん、他のグループのように、何人欠けてもグループを続ける選択肢もあれば、解散を選ぶグループもあるし、それは、そのグループ毎の形があって当然。

記者会見で、見当違いの無責任論や大野悪者論を持ち出した記者もいたけど、それに対する櫻井くんとニノの答えが優秀すぎて、かっこよかった。

櫻井くんに関しては、会見冒頭の「だれか一人の思いで嵐の将来を決めるのは難しい。同時に、ほかの何人かの思いで一人の人生を縛ることはできない」という言葉と、「どれだけ時間をかけても、全員が納得のいく着地点を探さなきゃいけない」という言葉がとても印象的で、この人たちは、本当に賢くて地に足のついたグループなんだな」と思いました。

言い方は悪いかもしれないけど、あの会見~ZERO~Mステの流れは、完璧だった。

特別ファンでもない私でも、Mステはグッとくるものがあった。

誰も嵐を咎める人はいないし、むしろみんな応援している。

それは、嵐の誠実な言葉と、2年という期間を設けてくれたことで、ファンはもちろん、スタッフや、お仕事関係の方々に最大の配慮をしたことに他ならない。

素晴らしいグループである5人を、残り2年、ファンの皆さんは全力で応援するし、特段ファンではない我々国民も、温かく見守りますよ!

がんばれ!嵐!

スポンサーサイト