というわけで、新年早々入院をしていて、ほとんどのドラマの初回をリアルタイムで見れず、なんとか配信で追いつこうと、頑張って見ています。

あ、既に退院しておりますのでご心配なく。

ちょいちょい初回評を書きつつ、入院の記録も書きたいと思っておりますが、まずはこのドラマの感想から。

卒業間近の高校3年生の教室で、担任が、クラス全員を人質に立て籠もる。

その担任が、菅田将暉。

面白くないわけがないじゃないですか。

ちょっと演技がくさいけど、さすがの菅田将暉。裏切らない。

立て篭もりの理由は「何故クラスメイトの一人が自殺しなければならなかったのか」

その答えを生徒たちに考えさせるため。

というのが名目。

実際の本当の狙いが何なのか、そこにどんな真実が隠されているのか。

士村芳がどう関わってくるのか。

生徒役の中には演技が下手で見ていられない子もいるけど、それは学園もののお約束なので仕方ないとして、目を瞑ります。

ちょっと見ててしんどいテーマなので、なるべく、晴れた休日の朝とかに見ようと思います。

スポンサーサイト