とにかくムロツヨシが好きだ。

あのムロツヨシが恋愛もの初挑戦ということ、そして私より若い戸田恵梨香が、若年性アルツハイマーの役ということで、今クール1番興味のあったドラマ。

恋に落ちたのは同時だとしても、あんなに積極的になれる女性、羨ましい。

そして、あんなに「煙突みたいに」まっすぐ惚れられるムロツヨシ、羨ましい。

理性で生きてきたという点、「入れ込んだことはない」という点、甘ったるいこと言う人が好きじゃない点では私もまったくそうなので、尚(戸田恵梨香)には少し自分を重ねてしまった。

まぁ、美人でもないしスタイルも良くないしキャリアでもないしフラフラしてるし、上記以外は全て異なるが……

相手役が、いかにもなイケメンでもなく若くもなく、売れない小説家の、くたびれたおじさんムロツヨシというのが良い。

婚約者も然り。

これがキラキラしたイケメンとかだったら説得力がなく、見てなかったかもしれないので、キャスティングが絶妙。

とにかくムロツヨシをキャスティングした人は天才である。ついでに、サンドウィッチマン富澤をキャスティングした人も。

黒川智花の年とらない感が凄くてとてもオーバー30の役には見えない。金八ファンとしては、どうしても「あの舞子が」と思ってしまう。

芯が強くて凛としていて、理性で生きてきた女医が、婚約破棄までして、アルツハイマーと闘いながら売れない小説家とどう過ごしていくのか。

これから辛い展開が待っているのはわかっているし、なんとなくラストは読めちゃうけど、この2人の恋愛を見届けたいと思った。

アート引越センターと黒酢はちみつの盛大な宣伝は初回だけにしてほしい。



スポンサーサイト