長崎は、いつか行ってみたい街です。

理由はいくつかあって。

ハウステンボスに行きたいのが1つ。

ベーチェット病を題材にした、さだまさしの「解夏」の舞台が長崎というのが1つ。

単純に美しい街だからというのが1つ。

そして、広島には行ったことがあるけど、長崎には行ったことがないのが1つ。

広島には修学旅行で行ったので、事前にたくさん勉強して、現地でも、被爆者の生のお話を聞いたりして、知識も感情も増えました。

が、長崎については教科書やテレビでしか触れたことがないので、一度は生で触れなければならないと思うし、触れたい。

核なき世界を目指しているようだけど、どうにもうまくいかないですよね。

難しいことはわからない。

でも、やっぱりそういうものによって罪なき人々の命が奪われるなんてことは、あってはならないのです。

被爆者の高齢化が進み、語り部がいなくなることは、怖いことだと思います。

8.6の記事で、地元の高校生が平和公園でガイドをしていると書きましたが、そういうことはとっても大事です。

地元の若い人たちが、次世代へ、またその次世代へと「生の声」として語り継いで行って欲しいし、私たちも、次世代へちゃんと正しく(被害者としてだけじゃなく、加害者としても)伝えられるようになれたらいいな。

戦争なんて知らないのが一番いいことなんだけど、過去にあったことはそれとして、やっぱり伝えるべきだと思うし、核の怖さや戦争の愚かさは知っておくべきだと思うんです。

うん、近年中には行きたいな、長崎。




スポンサーサイト