戦時中のお話なので、しんどいだろうなぁと思って、見るつもりはなかったんです。

でも、予告で見た「あんたと一緒に生きていきたいんじゃ」な松坂桃李に一瞬にして心奪われ、見てしまいました。

脚本が岡田惠和なんですね。

映画は未見で、ストーリーも全然知らないので、まっさらな気持ちで見ています。

ひよっこが好きだったので、豊子と米子だー!と、ひとり興奮。笑

もともと松坂桃李は好きだったけど、あんなまっすぐな眼差しで「あんたと一緒に生きていきたいんじゃ」からの、不器用な接吻の破壊力が凄い。

世の女性みんなノックアウトですわ、あんなもん。笑

村上虹郎はまだまだこれからの役者さんだけど、両親が個性的なので、見事に引き継いでいて、不思議な魅力を放っています。今後に大注目。

宮本信子おばあちゃんはもうさすがとしか言いようがない存在感です。

お父さん役がドロンズ(古)石本で、役者として頑張ってる姿を見られて嬉しい。

すずさんとかよさんの関係が気になるし、かよさんのこれからも気になる。

脚本が岡田さんってことで、安心して見ていられるけど、これからどんどんしんどい展開になっていくことは目に見えてるので、もしかしたら脱落するかもしれないけど、これは全日本人の琴線にふれるドラマだと思います。

なぜか母親目線で見てしまうので、お兄ちゃんの出征のシーンはボロ泣きでした。

個人的には、ここ数年ドキドキするような出来事もなければそういう作品も見てないので、周作さんとすずと哲のピュアな気持ちが、見ていてドキドキして、人を好きになるっていいなぁって久しぶりに思いました。笑

もしかしたらしんどくて脱落するかもしれないけど、最後までちゃんと見たいと思えるドラマは久しぶりです。

スポンサーサイト