★★★☆☆

無理やりハッピーエンドにした感がスゴい!

なんだかんだで、毎話泣きはしました。

それは、ストーリーに感動してとかじゃなく、ただ、頑張るお母さんを見ると反射的に涙が出てしまうので、泣いただけ。

作者あるいは脚本家あるいは演出家あるいはいずれも、仕事をちゃんとしたことが無いんだろうなぁ。

と思わざるを得ないほど、「仕事」の描き方がひどかった。

あとやっぱり姑が最後までカンナに対して嫌な奴だったのが気分悪かったし、斉藤由貴が……

残念でした。

渡辺直美は頑張っていたし、演技もみるみる良くなっていったし、押し付けがましくない前向きさも見ていて元気が出たし、なんと言ってもオシャレで、ぽっちゃりな私としては参考になりました。

とは言えオシャレすぎて真似はできないけど(笑)

夫はクズすぎたが、子どもがとにかく可愛くて、毎週毎週癒されました。

たぶん、ずっと見てた方には共感してもらえるとおもうけど、「ママが0(ゼロ)番好き!」というセリフが一番グッときたなぁ。

1番好きなのではなくて、1番のさらに上に0番という数字があることを習ったので、彼の中では0番が最高位なんですよ。

あーたまらん!

あとはニックさんもうちょっと頑張ってほしかった感がありますね。

あまりにもあっさり引き下がってしまって、とっても残念。

加藤雅也は目の保養になりました。



スポンサーサイト