★★☆☆☆

どーしてこーなった…

せっかくいい題材で、他にいくらでも展開させることができたのに、どーしてこーなった…

脚本が破綻しまくっていて残念でしかない。

展開もそうだけど、いかにも「セリフです!」っていう脚本で残念。

演技も破綻してたなぁ。間が全然とれてないし、動きも不自然。最後まで迷走してましたね。

掘り下げなきゃいけないことを放置し、どうでもいいことを長々と見せられました。

演技初挑戦とは言え、コウの演技があまりにもひどかった。最終回までに少しはうまくなるだろうとおもったけど、ならなかった…

沢尻エリカも、アレ?こんなに白々しい演技だったっけ?もっと上手じゃなかった?動きもわざとらしいし、走り方変じゃない?と、いろいろ違和感を抱きながら、このドラマにおいては完全に小池栄子の一人勝ちだったと思います。

そんな中、藤木直人は可愛かった。初回のチューチューダンスに始まり、結衣への甘えた態度や、慣れないパパ業を頑張ろうとする姿には、破綻している中でも和ませてもらいました。

ただ、登場人物には、最後まで、誰1人として共感できないまま終わりました。

木野さんとカンちゃんママのエピソードと、女子高生彼女はいらなかったし、ジャーナリスト出すなら丸々1話使ってもっと掻き回すか、そうでなければ登場させないでほしかった。

見てて疲れるから、リアルタイムじゃなくて録画で昼間に見てたんだけど、それも途中からしんどくなって何度も脱落しそうになったけど、ラストの落とし所は気になるから、頑張って最後まで見たけど、最後までいろいろ迷走していて残念。

基本的にとっちらかった脚本だったけど、結衣vs麻子のシーンと、最終回のこの2人のシーン、木野さんナウ先輩コウの3人がジュースを買うシーンは良かった。

重々しいシリアスにしたかったけど、辻褄が合わないので途中から無理やりコメディ路線に変更しましたって感じ。

安室ちゃんの主題歌だけ良くて、ダウンロードした。「君を抱きしめられないなら私の両手に意味はない」という一節が好きです。

ここまでいろいろ書いてきたけど、他所様のコメントで、私の言いたいことを超的確に書いている人がいたので、最後にそのコメントを貼らせてもらいます。

「1話から支離滅裂ながら何となく見続け3,5話とポイントになる回を持ちながらも更に迷走つづけ、後半に入って完全に見切りをつけたはずながらもまだ見続け、最後全く違ったほのぼのドラマになっていたが、コウという棒を上手く扱ったドラマであった」



スポンサーサイト