★★★☆☆

安達祐実うまいなぁ。って、毎週思ってたくらいの印象しかないドラマでした。笑

設定も何もかも最初からぶっ飛んでるから、脚本がどうのとか、ツッコミどころも気にならなかったけど、橋本マナミとトリンドルの演技の下手さは目立っちゃってたなぁ。

剛力彩芽も散々世間では下手だと言われているけど、少ーしずつ上手くなっている気がするし、今回のドスの効いた芸妓言葉は良かった。

梶芽衣子の美しさと色気と貫禄ハンパねぇ!セブンの誰よりも抜きん出てる!と、毎週若干興奮気味なおっさんな私でした。笑

高嶋政伸も安定の黒幕感はあったけど、そこまで怪演するほどの黒幕でもなかったので、ちょっと物足りない感が残ります。

ストーリーとしても最後は尻すぼみで、日本のドラマの悪い癖が大いに出てしまいました。

まぁ、最初にも書いたように、脚本がどうのとか、ストーリーがどうのというよりも、絵面を楽しませてもらったドラマでした。

多分ないとは思うけど、続編があったらなんだかんだまた見ちゃうと思います。笑


追伸
木野花はフランケンシュタインの恋と掛け持ちだったけど、掛け持ち反対派としては、今クールも掛け持ちが多くて気になってます。

スポンサーサイト