久しぶりに自分の話。

しかもちょっとお恥ずかしい話。

とにかく恋愛に縁遠い私ですが、原因が自分にあることは心の底から承知しているんです。笑

大学1年か2年の時、同じ大学の男の子が、有り難いことにデートに誘ってくれました。

それまで仲間で遊んでいたんだけど、2人で遊ぼうって言ってくれたんです。

電話で誘ってくれたんですが、私に聞こえないように、後ろで輩がやいのやいの言ってるのが、私にはバレバレでした。

今なら「可愛いなぁ」と思えるのですが、当時はまだ10代でウブな真面目っ子だったので、それが嫌だった。

彼自身は凄く真面目で優しくて素敵な人だったので、あのまま付き合ってたら多分すぐ好きになって、そのまま結婚していただろうと思います。

でも、当時はとにかくその後ろでやいのやいの言われていたことが嫌で、なんとそれだけのことで、その後、何の進展もしませんでした。

これは未だに後悔しているし、真剣にお付き合いしようと思ってくれていた彼には本当に申し訳なかったと思っています。

それから10年以上の月日が経ち、私も三十路を迎えました。

少し遠距離の人で、1ヶ月に1回会えるかどうかという感じでした。

当時は仕事も凄く忙しくて毎日ヘトヘトだったし、どちらかというと私は男脳で、忙しくなくても連絡を毎日するのはめんどいし、もちろん会うのも毎日とかはしんどいので、ちょうどいいペースだなぁと思っていました。

が、彼、とってもマメで、私が返信しなくても毎日ラインをくれました。

最初は「可愛いなぁ」と思って(←これ少し成長した感)頑張って返してたんだけど、その時本当に夕飯も喉を通らないくらい忙しくて疲労困憊だったので、だんだん本当にしんどくなってきて、距離を置くようになりました。

もちろん彼にはその旨きちんと伝えた上で、です。

それでも彼はどうしても毎日連絡したかったらしく、私のあまりの放置ぶりに、去っていきました。

申し訳ない…

彼の場合、思えば束縛系男子だったような気がするので、後悔はしていませんが、反省はしています。

私みたいな何もない、否、マイナスから始めなければならないような女は、努力しないと恋愛は続かないんです。

でも、頑張れることと、どうしても頑張れないことがある。

付き合って1年半くらいの彼氏と、未だに毎日会ってる友人がいますが、よくそんなことできるなぁ、と、尊敬します。

私には絶対無理。

一緒に住んでて毎日顔を合わせるのはもちろんいいんだけど、別々に住んでて毎日どこかで会うって、私にとってはかなり体力と気力を使う。

毎日連絡をとりたい、毎日会いたい、っていうマメな人とは波長が合いません。

恋愛不適合者なんだな。私。

惚れた腫れたは苦手です。

子どもの頃、大人になったら家庭を持つのが普通だと思ってたけど、普通を手に入れるって、ものすごく難しくて大変なことなんだなって痛感している今日この頃です。

ではまた!

スポンサーサイト